Flow-to-Pro

こんにちは、タイトです。

お昼からフレッシュなニュース、いきましょう!

ENJOIEnzo Cautelaがプロに昇格しました!

この名前、まだ聞き慣れない方もいると思いますが、
僕のEnzoの第一印象といえば、この特大ステアですね。
「え!?ここでフリップいっとんの!?」と衝撃を受けました。

とにかくステアがヤバい!

ENJOI“Panda Patrol”シリーズの最新作エピソード6は、
彼のプロデビューパートにもなっています。
他のチームメンバーはモンタージュで出演しています。

Jose Rojoがいないのは寂しいけど…彼の新しい動きも楽しみです!

とりあえず、まずは再生ボタンをプッシュ!!最初から最後まで、激ヤバです!
あと、曲もヤバい!笑 さすがENJOI、完全に狙ってきてますね!

“Flow-to-Pro”として、フロウでENJOIに加入して約8年。
エンダートリックをメイクと同時にプロデビューというサプライズも、
Louie Barlettaらしくて最高です。

メイク後自身のシグネチャーボードを受け取った後の、
「8歳のガキの頃からずっとこの瞬間のことを思ってたんだ!」
というコメントも良いですね。

Thrasherウェブのインタビューもとても興味深い内容だったので、
翻訳にもトライしました。合わせてどうぞ!

原文
↓ ↓ ↓
Enzo Cautela Interview

インタビュアー : Joe Brook(フォトグラファー)

-ENJOIでフロウの期間はどれぐらいだった?

チーム入りは僕が14の時だったと思う。だから、7~8年かな?

-King Of The Roadに参加したことで、チームとの結束が固まったのかな?

そうだと思う。以前に何度か小さいトリップに同行してみんなに会ったことはあるけど、
King Of The Roadでみんなとガッチリ仲良くなれたのは間違いないよ。

7段、6段のダブルセットのバリアルヒールでさえも、彼にとってヤバいトリックではない。

-さぁ例の20段ステアのハードフリップの話をしようか。どんなきっかけであれを?

そうだね、僕の家からそこまで45分ぐらいかかるんだけど、
20段のステアでハードフリップがいけるんじゃないかって考えてて、
ちょうどタイミング良くそこで、って感じだよ。
パートにヤバい技が必要だったし、あのステアは頭に残ってたからね。

-Louie(Barletta)が君の為に、Tommy Guns(Tommy Sandoval)を呼んだって話は本当?

そうなんだよ、Tommyから檄を入れてもらいたかったんだ。
僕はすごくTommyをリスペクトしてるし、彼はサンディエゴをすごく大事にしてる、そしてあれは彼のスポットだからね。

※Tommy SandovalZEROのビデオ“Cold War”で残したエンダーがこちら。↓

-撮影した時に初めてあのステアを見たって話も本当なの?

あぁそうだよ、実際それまで行ったこともなかったけど、
例のハードフリップがいけるかも、ってアイデアを前にLouieに話してて。
それでバルセロナ・トリップの前に「なぁ、あの20段ステアでハードフリップやりたいか?」
みたいな感じで連絡をくれて、僕は、うん、行ってトライだけでもしてみよう、って。

-君がそのスポットを初見だったことを知って、Louieはびっくりしてた?

それはもう。まぁ、驚きは絶対隠そうとしてたけど、
「何だって!?前に行ったこと無いの?マジか?」みたいな感じだったよ。
そこが僕の近所だってことも知ってるし、
何回もそこへいったことがあるだろって思うのは普通のことだよね。

-Louieはあの日、君への大きな計画があったよね。 緊張しているように見えた?

彼はすごく上手に平然を装ってたけど、
まさに僕こそが20段を前にして緊張してたし、ハードフリップのことで集中してたからね。
だからLouieが何をしてたか、とかは本当に考えてなかったんだ。

-20段でオーリーを弾いた後の気分はどうだった?

1発目にオーリーを弾いたらちょっと飛び過ぎてしまったんだけど、
自分が思っていた20段ステアほどでかくはないなって感じになって。
それがハードフリップをやることの自信になったんだ。

-警察が来た時、何が起こったの?

僕がステアの下にいたら、警察がフェンスの方に向かって来たんだ。
それはもう、下がったよね。もう終わりだなって思ったけど、
Rhino(フォトグラファー)の方を見たら彼は僕にうなずいて、ステアの頂上を指差したんだ。
僕はただただ駆け上がって、またとにかくトライして、
それで思うんだけど、多分Louieが警察に、
もし僕がこれを乗れたらプロにしてやるんだってことを話してくれたこともあって、
彼らはしばらく留まって僕にスケートをさせてくれたんだろうね。

-もう諦めよう、って時もあったんじゃないの?

そうだね、完全に限界は来ていたよ。
太ももが痙攣してきたのがわかったし、次がラストトライって時に思ったんだ、
「クソが、何があっても乗ってやるよ。」ってね。

-アマからプロになるとどう状況が変わるのか、Louieは教えてくれた?

うん、半分ぐらいは言ってくれたんじゃないかな、それで僕は、
「よし、これこそプロになりたいんだってことをLouieに示す僕のやり方、
このトリックで絶対キメてやるぞ!」そんなことを考えてたね。

ベンチ越えの強力なバックサイドフリップ。警察もいないし、問題も無い。

-メイクしたときはどんな感覚だった?

それはもう今までで最高の気分だったよ。
これをトライするのに自分を最大限まで高めたから、
この戦いが終わって本当に楽になったよ。

-Louieが君のシグネチャーボードを持ってきた時はどうだった?

マジでヤバかったよ!
まだ自分が本当にメイクできたのかを考えてる内に、
気が付けば僕のボードを持ったLouieとハグしてるし、
何もかもにびっくりで、「おいおい、一体何が起こったんだ?」ってなったよ。
ほとんどぼんやりとした記憶しか無いね。

-その後お祝いは何をしたの?

Whole Foods(大型食料品マーケット)に直行して、存分に飲み食いしたよ。

-プロになったことを誰にも言えないのは変だなって思った?

そりゃあそうだよ。家に帰って、そのことを誰にも伝えられなかったし、
いつも通りに普通に過ごして眠りについた。
それで翌朝Louieから「昨日起こったばかりのことだ、それは理解してくれよ。」
とメッセージがあったんだ。

-正直に言うんだよ。誰かに伝えたの?

いやまぁ、控えめにだけど、家族と彼女には伝えたよ。
まだオフレコだってことはLouieとも話してたし、
彼を怒らせるつもりもなかったしね。

この距離のあるキックフリップはたまたま起こったこと、そうだろ?それは理解してくれよ。

-ENJOIのinstagramアカウントに、なんで君がプロになれないのか?
ってコメントが寄せられてたけど、それもきっかけになったと思う?

どれぐらいかはわからないけど、ENJOI側もそれを絶対見てたし、
起爆剤にはなったのかな。

-Thrasherの今月号のインタビューが来たこともびっくりした?

そう、それだよ!そんなことがあるなんて誰も教えてくれなかったし、
とにかくびっくりしたよ。

-ついこの間のENJOIスペイン・トリップはどうだった?

間違いなく一番楽しいスケート・トリップだったよ。
僕がキッズの頃からずっと見てきたプロたちが滑ってたスポットで、
スケートできたんだ。それって最高だよね。

-チームメイトのみんなは君がプロに上がったことは知ってたの?

うん、ほとんどのみんなが知ってたと思うけど、
始めに誰かが何か言い出すまでは良くわからなかった。

あの子供たちが我々の未来だと信じている。どでかいフロントフリップを見せて、彼らの道を切り拓くのだ。

-あのトリップにはバンが無かったよね。
バルセロナ中をプッシュ移動してスポットで滑るのは大変だった?

確かに今までのトリップとは全然違ったけど、
プッシュ移動の痛みに勝るほど楽しかったね。

-初のバルセロナだったの?

そう、オーストラリアは何度もあって、あとカナダだね、
アメリカから出たのはそこだけだったから、僕にとってすごく新たな経験だったよ。

-バルセロナで、何が良かった?

素晴らしいスポットはさておき、
最高の仲間とトリップできたことが一番だよ。

-バルセロナで、イマイチだったのは?

どこもパンばっかり、あと飽きるほどのボカディージョ(スペインのサンドイッチ)。

Enzoをフロウからプロに押し出したハードフリップ。シグネチャーボードおめでとう、Mr.C!!!

-じゃあ、最初のプロの給料で何をする?

大量のアボカドとジャンクフードを買い込むんじゃないかな。
手持ち金の80パーセントは食料品店で使うってことはまぁ良いとして。
でも僕も大人のように、お金を貯めることを始めてみようと思ってるよ。

以上です!いかがでしたか?

翻訳は難しいけど、すごく楽しいですね。
直訳だと意味が通らないこともしばしば…
まだまだ未熟ですが、精進します。

ビデオプレミアは、Pharmacyのロングビーチの新店舗で行なわれたそうです!
もちろんフリービア、フリーピザ!
↓ ↓ ↓
Enzo Cautela’s Going Pro / Video Premiere Party

いつか僕らもビデオプレミアができたとしたら、どうかな…
フリー寿司、フリー焼酎とか熱いですね。笑

それでは、長文にお付き合い頂き、ありがとうございました!
本日も元気にお待ちしてます!

Click to share! ↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です