Thank You Eric!!!

こんにちは、タイトです。

Chocolate SkateboardsのChris Robertsが発信する、
スケートボーダー・ポッドキャスト、“The Nine Club”

ポッドキャスト…要は携帯で聞けるインターネット・ラジオみたいなもの、かと。
この”The Nine Club”では、プロ・アマ問わず、様々なスケーターとの対談が楽しめます。
あぁ…もっと英語が聞き取れたらっ!!と思うほど興味深い内容もいっぱいで、
自分自身の英語学習にもなるので、僕もよくチェックしています。

今日は、先日アップされたコチラの対談をピック・アップ!
そう、Eric Dressenさんの登場です!

AlvaからDog Townへ、そしてSanta Cluzへ移籍した経緯、
深刻なヒザの怪我から、素晴らしい医者との出会い、
タトゥーを始めたきっかけ、日本でインクツアーを行なった理由などなど、
Ericさんらしく優しい口調で対談は進んでいきます。

そして59:20辺りから…

「俺の遺骨は日本各地の思い出の場所に撒いてほしいんだ」という話から、
Chris Robertsにその場所を聞かれると…

「まず、B7 SKATE PARK。多分覚えてるんじゃないか?
90年代、411でI-Pathチームがデモをしてた、
コンクリート・パークだよ。
最高の友人たちがいて、場所もすごく良いんだよ。」

-ボウルに撒くんですか?それとも全体的に?

「パーっと撒いてくれ。」

-あとはどこかありますか?

「山梨だね。富士山に向かう道に友人のショップがあるんだけど、
そこの前の川が本当にきれいなんだ。そこに撒いてもらおうかな。」

-それはご友人、大変な大仕事だ!(笑)

ここから対談は、日本語は話せますか?という話題へと変わっていきます。

いかがでしょう…
これはもう本当に、嬉しいビッグサプライズでした!!

Ericさん、ありがとうございます!

是非皆さんも、チェックしてみて下さい。

Click to share! ↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です